93: 47の素敵な(庭)@\(^o^)/ 2015/03/27(金) 18:13:58.94 ID:fO9kv5Zd0.net
ぱるる「いらっしゃいませー」

??「あのーメロンパンください」

ぱるる「うちはクロワッサンしかないのです」

??「じゃあそれで」

ぱるる「……あれ?お客さん…もしかして、女優の川栄李奈?」

川栄「……そうだけど」

ぱるる「あーやっぱり!AKBを卒業してからも大活躍ですね」

川栄「あー、ありがと……」

ぱるる「ひとりでできるもん、とか餃子拳法とか大好きでしたっ」

川栄「……」

ぱるる「あとマジすかの名無しも可愛かったし、5のバカモノも好きだったなぁ」

川栄「……早く会計してくれます?」

ぱるる「あっ、ごめんなさい……」

川栄「……」

ぱるる「私、ファンだったのでつい……」

川栄「……ファン?わたしの?」

ぱるる「え?……あっはい」

川栄「いないっしょ。私にファンなんて」

ぱるる「……」


94: 47の素敵な(庭)@\(^o^)/ 2015/03/27(金) 18:19:41.02 ID:fO9kv5Zd0.net
川栄「……ごめん。あの頃のこと、思い出したくなくて」

ぱるる「そんな悲しいこと言わないでください…」

川栄「……あ~いいのいいの。
別に今は楽しくやってるから。さっきの言葉は忘れて」

「じゃ」川栄はクロワッサンが入った
袋を手に取ると、
パン屋のぱるるに背を向けて、店から去ろうとする。

「待って!!」

ぱるるが川栄の左手を掴んだ。
少し驚いた顔をしている川栄。
彼女の目には、悲しそうな顔をする
パン屋のぱるるの姿が映っている。

「今…本当に幸せですか?」

96: 47の素敵な(庭)@\(^o^)/ 2015/03/27(金) 18:59:12.55 ID:fO9kv5Zd0.net
ぱるるがそう訊ねた。
川栄は怪訝な顔を浮かべた後、癇に障ったかのように、眉間に皺を寄せた。
自分を見据えるぱるるの真っ直ぐな目が、何故だか無性に腹立たしかった。

「楽しくやってるって言ってんじゃん」

「それ……嘘ですよね」

「……なに、なんなの?」

「私、分かるんです……。
 ファンだったから分かるんです。
 川栄さん、自分に嘘ついてる…」

「……」川栄は黙ったまま、
睨むようにぱるるを見据えている。
「放して」掴まれた手を払う川栄。
彼女の手から袋が放れた。
バサッ、と音を立て地面に落ちる。
ぱるるは静かにしゃがみこみ、
一個一個、クロワッサンを拾う。

「どうしてAKBを卒業してからずっと
 ……ファンと距離を置いてるんですか?」

「……別にいいじゃん。
 私は、AKBで1番の嫌われ者だったんだし。
 誰も…私に何か逢いたくないでしょ」

「どうしてそんなこと言うんですか?
 リクアワでは、ハステとワステは毎年上位にランクインしてるんです。
 もう一度、AKBの川栄さんを見たいと
 思っている人達がいる……何よりの証拠じゃないですか…
 私も、その1人です」

「……止めてよ」

「けれど、川栄さんは一度も姿を見せることはなかった……。
 2016年のリクアワで、1位をとった時もです」

「……止めてって言ってるでしょ!」

「川栄さん……」

「パン屋に私の気持ちなんて分かるわけがない……」
川栄はそう呟いて膝を曲げると、
袋から落ちたクロワッサンを拾い始めた。
その手が震えている。

「パン屋のくせに……」

97: 47の素敵な(庭)@\(^o^)/ 2015/03/27(金) 19:38:42.96 ID:fO9kv5Zd0.net
ぱるるはそう呟いた川栄の目が、
赤くなっていることに気付いた。
ポツリ、と涙がクロワッサンに落ちる。
川栄はゴシゴシと涙を拭うと、
くしゃっとした優しい笑みを浮かべた。

「ダメなんだよ……わたし。
 大勢の人の前に立つとさ、
 どうしても聞こえちゃうの……」

「何がですか……?」

「……声。
 声援よりも、それは強くはっきりと聞こえるの。
 もしかしたら、それは幻聴なのかもしれない。
 メンバーに聞いても、そんな声は
 聞こえなかったって言ってた。
 けど……私には聞こえるんだ。
 辞めろ、出てくるな、卑怯者、
 そう叫ぶアンチの声が……」

「川栄さん……」

「あの一件以来、私は……
 自分を応援してくれる大事な大事なファンさえ、
 時にアンチに見えてしまうことがあった。
 それがね、ツラいの。
 皆に悪くて、申し訳なくて……
 すっごく……苦しかった……」

川栄の目からは、涙が零れ落ちた。
拭っても、拭っても、涙が溢れている。
それがどれほどの苦しみだったのか、
彼女の痛みを理解しようとすればするほど、胸が締め付けられた。

ぱるるは親指で、川栄の目から溢れる涙をそっと拭った。

「だから……あの日、卒業発表を?」

「……そうするしかなかった」

「川栄さんは、本当は……
 自分を応援してくれるファンが大好きだった」

「そんなの……そんなの当たり前じゃん……」

「本当は、卒業したくなかった…。
 そうですよね?」

ぱるるは川栄をじっと見つめる。
川栄はボロボロと泣きながら、
声を震わせてこう言った。

「うん」、ただひとこと。
川栄はそう言って頷いた。

98: 47の素敵な(庭)@\(^o^)/ 2015/03/27(金) 20:07:06.24 ID:fO9kv5Zd0.net
ぱるるはクロワッサンを入れ直した
袋を持ち、ゆっくりと膝を伸ばす。
泣きじゃくる川栄に手を差し伸べ、
優しく微笑んだ。

「やり直しませんか?」

「…え?」

「過去に戻るのです」

「は?」
泣いていた川栄は、
眉間に皺を寄せて怪訝な顔をする。
まるで信じていない様子だ。
軽蔑しているような目にも思える。
真面目に話した私がバカだった、
川栄はそう思った。
おもむろに立ち上がると、
「あ、もう大丈夫です」
と言って店から出ようとする。

帰り際、川栄は持っていたクロワッサンを棚に戻そうとした。
すると、一匹の黒猫が川栄の頭に
ピョンッと飛び乗る。
驚く川栄。
「わ、なに!?」

ぱるるが爪を立てる猫のような
ポーズをとっている。
ニャーKBだ。

「本当は、本家の川栄さんにも踊ってもらいたいのですが、今日は特別です。
 そこで見ててください」

「は……?ちょっと、何する気?」

「川栄さんが心の奥底で思う、
 やり直したい過去…に飛びます。
 いいですか~?
 行きますよ~?」

「ちょ、ちょっと待って!」

店内に“アイドルはウーニャニャの件”が流れ始めた。
ぱるるが真面目な顔で歌っている。
すると、川栄はクロワッサンを
持ったまま慌てて店から出ようとする。
それに気付いたぱるるは、
メロディーを無視して、
ラストの歌詞を口ずさむ。

「ツチノコパンダよ味方して~ハイ!!」

その瞬間、店内が眩い光に包まれた。

100: 47の素敵な(庭)@\(^o^)/ 2015/03/27(金) 21:02:46.12 ID:fO9kv5Zd0.net
目を開けた川栄。
驚いた顔つきで辺りを見渡す。
ここは布団が敷かれた小さな部屋だ。
「どうなってんの……?」
ぱるるは黒猫を抱いたまま、
にこにこと微笑んでいる。
その部屋には2人しかいない。
川栄はそこがどこだか気付いている様子だ。
仮眠室。
握手会の会場にある仮眠室だ。

「まさか……ここ……」

川栄はドアを開ける。
広々とした空間には、メンバー達の姿がある。
自分が、当時の衣装を着ていることに気付いた川栄。
短かった髪も、いつのまにか伸びている。

「そんな……」

背後にいるぱるるが時計を見る。
呆然とする川栄に向かって、
ここが“いつ”だかを告げる。

「今日は、2014年5月25日。
 時間は15時10分……」

「……本当にもどったの?」

「はい。
 川栄さんがやり直したい過去。
 戻りたいと思った過去………
 つまり、あの事件が起こる前に」

引用元:1

このパン屋さんどこにありますか?(;_;)
【5月20日発売】AKB48 40thシングル「僕たちは戦わない」 【予約受付中】
僕たちは戦わない Type Ⅰ(仮)【初回限定盤】 [CD]
僕たちは戦わない Type Ⅱ(仮)【初回限定盤】 [CD]
僕たちは戦わない Type Ⅲ(仮)【初回限定盤】 [CD]
僕たちは戦わない Type Ⅳ(仮)【初回限定盤】 [CD]



【AKB48】川栄李奈のこの画像がグッと来る・・・

【AKB48】総選挙の選抜枠が3人分空いたわけだけど誰が入るだろうか

矢吹奈子、チームBとの兼任で複雑な心境を吐露・・・

倉持明日香が武藤十夢と同じ布団でお昼寝→田野ちゃんおこww

HKT48との兼任解除に木本花音は…。田中菜津美・村重杏奈も思いを投稿 

田島芽瑠以外のてんとうむChu!メンバーがチーム4に→田島芽瑠「苦しかったです」 

【NMB48】市川美織の「春の人事異動」について書いたブログが素晴らしい・・・

川栄李奈「AKBじゃなくなったら私をテレビで見かけることはなくなるでしょう。」

柏木由紀と大場美奈のこのリアクションくっそワロタwwwww【奇跡の1枚】


他のまとめ情報はこちら
AKB48まとめ情報

スポンサードリンク