ROMPEN-17b 128

ROMれ!ペンギン(AKB48まとめ)

AKB48関連のまとめブログです。 「ろむぺん(ロムペン)」とでも呼んでください。

スポンサードリンク
その他のAKB最新NEWS!

1: 47の素敵な(光) (3段) 2020/01/23(木) 10:22:36.70
『月刊AKB48グループ新聞』の休刊が決定、紙では独自の“商法”生み出せず
2020年1月22日 21時30分

握手会券付きのCDは、いまも“AKB48商法”として勢いを保っているが、同紙が『世界で唯一の専門紙』とうたう紙メディアは、独自の“商法”を生み出すことはできなかった。

「裏ネタもないきれいなPR記事なんて、金を払って読みたいと思いますか? 記事を書いている記者が、自分ひとりで8割ぐらいは書いているって言っていましたが、新聞や雑誌は、いろんな文体のいろんな記事があるのが魅力であって、同じ人が同じテイストで書いていたら、読者も飽きますよ」(前出・スポーツ紙芸能担当記者)
https://news.livedoor.com/article/detail/17703208/

続きを読む

1: 47の素敵な(愛知県) (4段) 2020/01/24(金) 05:05:30.63
平手も周囲も限界だった…不動のセンター脱退で欅坂46最大の危機 グループの今後は…

 アイドルグループ「欅坂46」が23日、中心メンバーである平手友梨奈(18)のグループ脱退を発表した。同時に織田奈那(21)、鈴本美愉(22)の2人の卒業、佐藤詩織(23)の休業も発表された。

 結成4年目の昨年に初の東京ドーム公演を行い、グループが全盛期に入るところでのエース平手の卒業は、AKB48の初の東京ドームで卒業した前田敦子(28)とダブる衝撃だ。
2人の共通点は、秋元康総合プロデューサーが指名し続けた、代えの効かない「絶対的エース」だったこと。即ち、華やかさの裏で孤立するポジションだ。

 誰もが憧れのセンターを夢見て、アイドルグループに加入する。しかし、楽曲のたびにセンターが変わる乃木坂46などと違い、欅坂46は、デビュー曲からの全曲が平手のセンター。
デビュー曲「サイレントマジョリティー」では、平手以外は全員が倒れ伏す演出のミュージックビデオで、まるで平手のソロ曲のような内容だった。

 その後も、従来のアイドルイメージを打破する“笑わないアイドルグループ”として、80年代の尾崎豊のような大人や社会への反抗曲を歌い続けた。
キラキラ衣装で笑顔のアイドルをやりたいメンバーもいる中、若者の代弁者=センター平手の心境を叫ぶ曲だけを出し続けた。
結果、ロックフェスでは普通のロックバンド以上に大歓声を浴びるようになり、平手は尾崎のような若者のカリスマになった。
ただ、自然と仲間との距離は広がっていき、平手は心身を崩しての休養を繰り返す。2、3番人気のメンバーは、閉塞感に悩み先に卒業。仲良しこよしの楽しいグループにはなれなかった。

 熱狂的なファンを生む前代未聞のアイドルグループになったが、平手らメンバーへの代償は大きかった。シングルも昨年2月に発売してから、1年間もリリースなし。
もはや、平手のセンターでは、普通に新曲制作できないことを意味していた。平手も周囲も限界だった。

 ファンや仲間だけでなくスタッフにまで教祖的存在だった平手の卒業は、当然、欅坂最大の危機となる。ただ、だからこそグループをゼロから作り直すことができる。
現状路線を進むのか、キラキラアイドルに180度舵を切るのか、残されたメンバーのやる気次第でどうにでもなれる。ピンチはチャンス。1年後には、誰も想像つかないグループになっているかもしれない。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200123-00000243-spnannex-ent

続きを読む

1: 47の素敵な(東京都) (初段) 2020/01/23(木) 19:33:54.13
AKB48「前田敦子&大島優子」の再来期待 仲良し“ゆうなぁ”ライバルになれる?
https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/akb/1702599/

AKB48黄金期を支えたOGの前田敦子(28)、大島優子(31)のような“競い合うコンビ”が今のグループには必要なようだ。

女性人気も高い岡田は、AKB選抜総選挙で5位に入るなどグループを担うメンバーに成長。
一方の村山はAKB48劇場の公演を大切にし、総選挙に立候補することを拒絶。
劇場に立ち続けたことで“劇場の女神”と呼ばれる独自の地位を築いた。

「村山は劇場にこだわり選抜に入ることに後ろ向きだったが、岡田を見てグループを盛り上げるためにも、目立つ形で活動することの大切さを感じた。
今年、総選挙を開催することになったら、村山は出るはず。
総選挙で上位を争ったかつての前田敦子、大島優子のような切磋琢磨する関係になってほしい」(関係者)

SKE48では松井珠理奈と松井玲奈、NMB48では山本彩と渡辺美優紀が“名コンビ”として、総選挙などで互いを磨き合い盛り上げた。

かつての勢いを取り戻すためにも、今の48グループに“ゆうなぁ”コンビのブレークが必要だ。

続きを読む

1: 47の素敵な(帝国中央都市) (1級) 2020/01/23(木) 22:03:09.88
11月16日の文春より

そもそも、運営の“平手一強”体制に長い間
多くのメンバーが振り回され続けているという状況があります。たとえば今年、欅坂46が発売したシングルは2月に発売した『黒い羊』1曲のみ。9枚目のシングルは、この冬に発売が予定されているのですが、9月の選抜発表から2カ月が経った今でもリリース日やタイトルが発表されていない状態です。

実は一度、曲自体は録り終えていたのですが、平手さんが何か気に食わなかったようで、首を横に振った。そこから曲自体が変わり、録り直しをするという異例の事態になったそうです。それで今回のリリース情報が遅れてしまっているのです」(同前)

https://bunshun.jp/articles/-/15549?page=3

続きを読む

1: 47の素敵な(愛知県) (3段) 2020/01/23(木) 22:37:34.20
@
平手さん突然の欅坂46脱退発表

ファンパニック

school of lock生放送にてちが出る

てち「今は話したくない、話したくなったら話す」

リスナー電話企画

黒い羊流す

このタイミングでこの曲は……
午後10:32 · 2020年1月23日

@
こんばんは、平手友梨奈です。先ほど欅坂46のホームページで発表ありましたが、私、平手友梨奈は欅坂46を離れることになりました。その件について今は話したくないので、またいつか機会があれば話したいです。 #SOL
午後10:21 · 2020年1月23日

続きを読む
オススメの芸能トピック!


このページのトップヘ